医療現場を支える重要な存在に感謝

大きな病院では看護師が慢性的に不足していると言われますが、入院病棟に行くとその理由がよく分かります。
外来にはない仕事として入院病棟の看護師さんがしなくてはならないのが、患者の身体介助です。
自力ではできない人を手伝って体を清潔にし、排泄の介助をし、忙しい合間に話し相手にもならなければなりません。
特に診療科によっては入院患者の大半がお年寄りということも珍しくないことから、説明するにも時間がかかりますし、話をする患者さんをむげに扱うこともできません。
病室ではのんびりと話しているように見えた看護師さんが病室を出るなり飛ぶように走っていく姿を、家族が入院中に何度も目にしました。
看護の仕事と介護の仕事には共通するところが多くありますが、看護には常に緊張が強いられます。
病棟勤務は不規則な生活になりますし、本当に大変な仕事です。
そんな大変な仕事をする看護師さんの笑顔が患者さんの回復を早めているのは間違いなく、感謝の想いがあふれてきます。