医療機関と患者に生まれた意識の変革

今や医療もサービス業に分類されるようになり、新しくできた医療機関になればなるほど受け付けの人の応対は丁寧ですし、先生や看護師さんも決して上から目線ということがありません。
年齢を重ねた医師の中には、ときに上から目線で物言いをする人もいますが、そうした医療機関からは患者さんがどんどん流出しているのも、現代社会の医療機関の特徴といえるでしょう。
もはや、完全に医療はサービス業という認識がされているわけです。
だからといって、患者側が上から目線で医療機関の人たちに接していいというわけではありません。
丁寧な応対をしてくれる医療機関の増加と共に、医師には丁寧に接するけれど、看護師さんや受付スタッフには横柄な態度という患者が多くなりました。
診療費を払っているからお客という考え方なのかもしれませんが、医療というのは特殊なサービス提供と言えますので、互いに丁寧に接することでベストな関係が構築できるような気がします。